化粧品でシミを改善|肌に足りていない栄養分を補う

ウーマン

若いときから始めるべき

鏡を見るウーマン

20代半ばに老化が始まる

エイジングケアというと、ほとんどの方は40代過ぎの年配の方が行うものだと思っています。しかし、実はエイジングケアは20代半ばくらいから行ったほうが良いです。というのも、シワやシミなどの老化現象が出てからケアをするのは手遅れだからです。人間というのは、20代の半ばから肌の老化が始まるといわれています。その理由は、肌に含まれるヒアルロン酸などの保湿成分は20代を過ぎると減り始めるからです。20代半ばというと、ほとんどの女性はスキンケアを怠りがちです。すると、気づいた時には、肌が乾燥してキメも粗くなってしまうのです。何かトラブルがあってケアを始めたのでは、なかなか改善するのは難しいです。したがって、若い時からエイジングに取り組むことをお勧めします。

おすすめのケア方法

エイジングケアで最も有効とされるのが、紫外線対策です。紫外線は肌に当たると、皮膚内のコラーゲンを破壊する働きが有ります。また、肌を防御するメラニンを大量に分泌させて、シミの原因となります。なので、紫外線対策はエイジングケアとしてとても重要です。紫外線対策の方法は、外出する時は必ず日焼け止めクリームを塗る事です。さらに、UVカット効果のあるファンデーションで肌を守ることも効果的です。万が一、焼けた場合は、メラニンの沈着を抑えるビタミンCを摂ることをお勧めします。たとえば、パプリカ、ブロッコリー、ピーマン、いちごなどに多量に含まれています。その他にも、保湿成分がしっかりした化粧水でケアすることも大事です。年齢を重ねると、肌が乾燥してシワや毛穴の開き、たるみを引き起こすからです。