化粧品でシミを改善|肌に足りていない栄養分を補う

レディー

肌を労わりながら洗うため

鏡を持つ女性

クレンジングをすると、皮脂が除去されることで、肌は刺激を受けやすくなります。とはいえクレンジングをしなければ、肌はメイク化粧品による刺激を受けます。しかし敏感肌用のクレンジング剤なら、メイク化粧品を除去しつつ皮脂を残すことができます。さらに低刺激な保湿成分により、肌を乾燥から守ることもできるのです。

もっと読む

若いときから始めるべき

鏡を見るウーマン

人間は、20代半ばから肌の老化が進むといわれています。そのため、エイジングケアは20代くらいからはじめたほうが良いといえます。エイジングケアの方法は、紫外線対策と肌の保湿効果の高い化粧水でお手入れする事が大事です。

もっと読む

安心して使えます

化粧品を持つ女の人

ビタミンcのままでは肌に浸透しませんが、ビタミンc誘導体ならば肌に浸透していきます。肌の状態を改善しやすくなるので、きれいな肌を維持しやすくなります。現在では、より高い効果が期待されるビタミンc誘導体化粧品が増えています。

もっと読む

肌質と症状に合ったものを

化粧品

白く透き通った肌は毎日のお手入れから生まれるものであり、コンディションに合わせて使用する化粧品も変えていく必要があります。シミができてしまった場合、メラニンを還元したり生成自体を抑える働きのある化粧品でケアを行うことが有効ですが、中には刺激の強いタイプもありますので肌の弱い人は気を付けなければなりません。例えば、ハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるほど強力な美白作用を持ちますので、シミを治したい時にとても役立ちます。しかし、刺激が強くてリスクもありますので濃度の高いものはお勧めできません。また、一般的にはリスクはあまりないと思われているビタミンC誘導体も肌荒れの酷い人は刺激に負けてしまうことがあります。

シミを化粧品で改善したい場合、試してみたい成分があります。炎症性色素沈着や肝斑ができているケースでは、肌の丈夫な人なら強い漂白作用を持つハイドロキノンがお勧めです。頑固なシミも短期間で良くなります。既に生成されたメラニンを還元しながら新たなメラニンが生成されないようにという抑制効果も持つのがビタミンC誘導体です。抗酸化作用が強く、肌代謝を高める作用がありますので、瑞々しい肌をキープするのにも役立ちます。他にもアルブチンやルシノールは美白用の化粧品によく含まれています。それほど刺激が強くありませんので、日々のケアを安全に行うことができます。シミ対策をしっかりと行っておけば、数年後の肌に差がつきます。